top sub1_09

略歴

吉見 俊哉  

Professor Shunya Yoshimi

1976年に東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)を卒業後、東京大学教養学部理科Ⅰ類に入学、演劇活動に関わりながら、やがて文転して同大学教養学科に新設された相関社会科学分科に進学、第1期生として学部後期課程を過ごす。同分科を卒業後、生産技術研究所(第5部、原広司研究室)に研究生として在籍、その後、同大学大学院社会学研究科において見田宗介教授の下で学ぶ。東京大学新聞研究所助手、助教授、東京大学社会情報研究所教授を経て、組織統合で2004年より東京大学大学院情報学環教授となり現在に至る。2006年4月から09年3月まで同学環長の職にあった。2009年6月から東京大学新聞社理事長。2010年より大学総合教育研究センター長、教育企画室長、大学史料室長、2011年より東京大学副学長を兼任。人々の集まりの場におけるドラマの形成を考えるところから出発し、近代化のなかでのポピュラー文化と日常生活、そこで作動する権力について考察してきた。主たる専攻は社会学、都市論、メディア論、文化研究だが、演劇論的なアプローチを基礎に、日本におけるカルチュラル・スタディーズの中心的な存在として先駆的な役割を果たしてきた。

また、日本学術会議連携会員、社会学委員会メディア文化研究分科会委員長。Inter-Asia Cultural Studies編集委員、Cultural Studies編集委員、Theory, Culture & Society連携編集委員、Japanese Studiesアドバイザー委員など多数の海外のジャーナルにも関与。最近では、2007年にTheory, Culture & Society 創刊25周年記念国際会議 Ubiquitous Media Conference を東京大学で、2009年にInter-Asia Cultural Studies Conferenceを東京外国語大学で、非常に大規模な国際会議として開催する中心的な役割を果たした。

主な著書に、『都市のドラマトゥルギー』(弘文堂、1987年 河出文庫 2008年)、『博覧会の政治学』(中公新書、1992年 講談社学術文庫2010年)、『メディア時代の文化社会学』(新曜社、1994年)、『「声」の資本主義』(講談社学術選書、1995年)、『リアリティ・トランジット』(紀伊国屋書店、1996年)、『メディアとしての電話』(弘文堂、共著、 1992年)、『記録・天皇の死』(筑摩書房、共編著、1992年)、『都市の空間 都市の身体』(勁草書房、編著、1996年)、『デザイン・テクノロジー・市場』(情報社会の文化3、東京大学出版会、共編著、1998年)、『カルチュラル・スタディーズとの対話』(新曜社、共編著、1999年)、『ニュースの誕生』(東京大学出版会、共編著、1999年)、『カルチュラル・スタディーズ』(岩波書店、2000年)、『メディア・スタディーズ』(せりか書房、編著、2000年)、『内破する知』(東京大学出版会、共著、2000年)、『カルチュラル・ターン、文化の政治学へ』(人文書院、2003 年)、『メディア文化論』(有斐閣、2004年)、『万博幻想』(ちくま新書、2005年 講談社学術文庫 2011年)、『親米と反米』(岩波新書、2007年)、『ポスト戦後社会』(岩波新書、2008年)、『天皇とアメリカ』(共著、集英社新書、2010 年)、『書物と映像の未来』(岩波書店 2010年)、『大学とは何か』(岩波新書 2011年)等多数。